◆ルン( クレステッドゲッコー )とりんちょ( 飼い主・人間 )の日々の出来事
◆*linchoのハンドメイドあれこれ
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
歩けなくなったの・・・

カプ 7才4ヶ月、とうとう歩けなくなりました。

少し前まではヨロヨロしながらも歩いたり

調子が良いと小走りしたりしていましたが

13日(水)から歩行不能に。。。

 

足の麻痺ではないようです。

触ると自分で引っ込めたり押し返したり出来ます。

どちらかと言うと腰の不具合な感じ・・・

お尻を支えてあげると歩こうとします。

発症から数日は思うように動く事ができず

帰宅すると朝と同じ体制でいました。

ご飯を口元に持っていくとバクバクたべました。

そんな日々が続きましたが1週間くらいした頃から

自分で向きを変えられるようになり

帰宅した時には牧草やご飯がちゃんと減っていました。

それでも食べる量は減って900gから840gになりました。

ただ840gはキープ出来ているので

それなりに食べられるようにはなっているようです。

何とか自分で食べられるように

お皿に角度を付けて食べやすくしたり

牧草もハウスの中に引き込んだり・・・

超寝食いスタイルで過ごしています。

寝る時はご飯の反対側で丸くなって

食べる時はモゾモゾこっち側に向いて

亀のように顔をノ〜〜ンと伸ばして食べています。

 

痛みは無い感じなので救われています。

お腹の調子も良いのでウンピが山盛り・・・

それだけ食べてるんだ〜と思えば良しとします。

 

カプ術後 遅報
超ご無沙汰しています。
りんちょは全然エンジンのかからないポンコツなので
アタチが術後の報告をしますよ。

術後から1週間はこんな感じで過ごしていました。
牧草がすぐに食べられるように近くに置いてくれたの。

5mm間隔くらいで縫ってあります。
でも、上の2本は自分で取っちゃったの・・・
で、1週間で全部の糸を抜糸しました。
抜糸後のお腹。
1ヶ月後のお腹。毛も生えてきてキズも分かりません。


術後の脇腹。この部分だけスキニーちっくになっていました。
10日後くらいにはホヨホヨと毛が生えてきました。
更に1週間後、短いけど生え揃ってきました。
1ヶ月後、かなり長さも出てきて普通っぽくなりました。

牧草もご飯もモリモリ食べていますよ。
お薬飲んでた時には食べたくなかったリンゴも復活したの。
先生に「すごいね。良く頑張ったね!」って言われたよ。
もう大丈夫だって。



今日で通院は終了になりました。
術後は順調だったのですが先週にチッコ検査で「潜血+」になったり
体重が700gから増えも減りもせず悩んだりしていましたが
今日はチッコ検査も正常で体重も750gになっていました。
体重は少しづつ増やしていく方向で・・・
今後は月1くらいの定期検診でOKです。

ご心配をお掛けしましたが無事に復活しました。
ありがとうございました。
これでやっとりんちょの2015年を始める事が出来そうです。(笑


カプ、帰宅。
昨日の手術は無事に終了し夕方に帰宅しました。
アタチ、ちゃんとタダイマしました。約束したの。
「いってらっしゃい。」って言われたら
「ただいま!」って帰ってくるんだって。

今回の療養ハウスはこんな感じで。
ホットカーペット→防水シーツ
ハウスの中には吸水マットを敷いています。
モコモコ系だとお腹のワイヤー糸が引っ掛かりそうなので。
で、普段はすのこで壁を作っています。
隙間から中の様子が見られるのでOK!

今日は術後の検診に行ってきました。
体重は700g(術前は740g)
ちょっとウンピが柔らかめだけどまぁ良し。チッコ良し。
キズ部分も炎症など無く綺麗。
自発的に食事もお水も摂っているので良し。
食事が少ないようだったら給餌します。
次の検診は1週間後になりました。

両方の卵巣に水疱(1.5cmくらい)がありました。かなり大きい!
ココは米粒2〜3個分でした。
子宮も濃い赤紫色で炎症を起こしていたようです。
水疱が破裂したり、子宮が出血していたらヤバい事になっていました。(汗

まだ食事量は少な目だけど牧草をパリポリ食べています。
様子を見ながら少し給餌しようかな・・・
ワイヤー糸が気になるようで時々引っ張っています。
毛繕いをしたり大あくびしたりしてまったり過ごしています。
私の方が抱っこする時にキズに触れてしまってビビッています。(笑

カプも手術します。
超ご無沙汰しています。ぼちぼちと過ごしていましたが・・・
明日、カプが手術する事になりました。ココと同じく子宮・卵巣摘出です。

なんと・・・両脇腹にハゲが!
10月頃から「んっ?」と思っていたのですが
11月には確信に変わり病院へ。
レントゲンやエコーで卵巣が少し大きくなっている事が判明。
温存して対処療法で投薬にするか・・・手術するか・・・

緊急事態ではなかったので「年末に手術します」としました。
それまでは抗生物質と止血剤の投薬で。
何故「年末」?仕事が冬休みで連休になるから。
ココの時は呆気ないほど楽チンな術後の介護でしたが
カプはどうだろう?と思いずっと傍に居られたほうが良いと考えました。

と言うわけで明日やります!
カプ、頑張ってきます!

ココ その後の経過
現在もココたんは点滴と注射の通院を続けています。
強制給餌も続行中。

歯の処置後はお野菜なども少しは食べているので
歯は大丈夫な感じがします。

・・・が、それ以上、体調が向上しないのです。
「食べられない」のではなく「食べない」のは他に原因がありそうです。

ずっと寝てばかりいるので足腰の筋力が弱って今は歩行も困難な状態。
お腹の調子も安定しなくて。。。
チッコも自力では困難。給餌の時と病院で圧迫排尿しています。

数日前、給餌も水分もやっているのにかなりの脱水症状。
給餌中にグッタリ・フニャフニャになって一時はちょっと「覚悟」しました。
少し「しっかり」した感じになったので病院へ。
「毎日、点滴しているのにこれは・・・内科系なのかな・・・」と先生。
今はそこそこ持ち直して過ごしています。

ただ、連休も今日で終わり。明日から会社です。うー・・・ん。


今日も病院に行ってくるよ。

ココ 歯の処置
4/28(月) ココは麻酔をかけて歯の処置をしました。

ガスッ腹は腸の分は抜けて胃の部分が残っています。
体重は780gでした。
先生は「もう2〜3日、様子をみてからにしますか?」と言われましたが

私的には・・・
・明日にでも強制給餌も受け付けなくなるかも。
・病状温存をしていても改善はしない。
・連休中なら看護も出来る。
と言う理由から「今日やります」と・・・

先生も「そうだね。前回の(検査)時より体重も増えたしガスも抜けてる
早くやって早く食べられるようになった方が良いね。」と言ってくれて
処置をお願いしました。

午前中にココとお弁当(牧草+野菜)を預けました。
処置後の麻酔の抜けも早く、すぐに葉物野菜も食べたそうです。

4/25に「処置をやりましょう」と言われましたが
ガスがすごくて「これじゃ麻酔は無理!」と言われた時と
4/28のレントゲン写真です。

歯の異常部分。尖って伸びています。この部分をカットしました。

(クリックすると大きくなります)


ただこの部分は時間をかけてこの状態になったのかも・・・と言う感じです。
今まで普通に食べてこれたのでたまたまこのタイミングだった。
他の歯の部分は噛み合わせは大丈夫です。

再発の可能性もあります。数ヶ月か数年後かは不明。
先生は「多少伸びてきても食べているうちはそのままで。」
今後は年齢的にも麻酔は極力少なく・・・と言っていました。

帰宅後すぐのココたん。野菜を食べています。

噛み合わせが違うのでちょっと不思議そうにモグモグしていました。
そしてカツカツと音がしていました。

まだまだ体重も少なく、自発食事も出来ません。
気が向いた時にすこーし自分で食べたりする程度。
今の歯の状態に慣れるのにも時間がかかります。
しばらくは病院通いと強制給餌は続きそうです。

これからの給餌は回復のためのものです。
ちょっとくらいイヤがってもしっかり食べてもらいます!
ガスッ腹 ココ 闘病中
今週の月曜からココたん闘病中。

月曜日に血尿があったので確かめようとココを抱っこしたら
激やせしていて半狂乱で病院に行きました。
何故、こんなになるまで気が付かなかったのか?情けないです。

体重を量ったら610gで脱水症状。
毎日点滴と栄養剤などの注射に通っています。
金曜日の今日は680gになりました。

今回は全く食べなくなってしまったので強制給餌をしています。
最初の頃は悲しくなるくらい(私が)ヘタクソで・・・
でも、昨日くらいからタイミングなどが分かってきて
ドロドロペレットもだいぶ食べてくれるようになりました。

今日はレントゲンを撮りました。
お腹のほとんどがガスで内臓を圧迫している状態です。
何とか食べて腸を動かすしかないのです。
明日からは連休なので回数も増やして給餌ができます。

で、問題は「歯」です。
下の片側の角度に問題がありそうなんです。
先生は麻酔をして確認+処置をしたかったそうですが
あまりのガスッ腹に麻酔は無理!と判断。

まずは「ガスッ腹」の解消から。
「口の中は炎症や傷などは無いので緊急ではないから
とにかく食べさせてお腹を動かしましょう。」
「根本的には歯を正常にしないと解決にはならないので
体調が安定したら(歯の)処置しましょう。」となりました。


先週の中頃に抱っこした時は「痩せてる」なんて気にならなかった。
でも、大好きなリンゴを囓っても落っことして食べるのを諦めていた。
先週の金曜日にペットシーツが囓り散らしてあった。こんな事は初めてです。
もしかしたら、この頃から体調が急激に落ちていたのかも・・・
で、月曜日の血尿。

確かに麻酔はリスクがありますがこのまま温存しても改善はしないでしょう。
今は少しづつは自力で食べています。
お腹の調子を戻さないと先に進めないので給餌しっかり頑張ります。

4/18の記事「祝5才」の写真は4/16に撮ったモノです。
普通に野菜をたべています。ほっぺもモッチリ。
これから4〜5日後の出来事です。

みぃたん。ねんね〜zzz
昨晩、みぃたんが永い眠りにつきました。
余命宣告から約1年ホントに良く頑張りました。
この1年間はみぃたんからのプレゼントだったのですね。

夜のお散歩(と言ってもほとんど抱っこです)に母と出掛けて
帰宅した時には旅立っていました。
母も逝った時は気が付かなかったようです。
お散歩の帰り道に母に抱っこされて眠るように逝ったようです。

ここ1ヶ月の間に背中に大きなコブ(?)が出来ていました。
呼吸も荒い感じが続いて「また水が溜まってきたかもね」と。
癌が転移・形成されつつあると感じていました。
急速なコブの成長を考えると身体にはかなりの負担があったでしょう。
ただ痛みや辛さは無かったと思います。

眠っているような安らかな表情で旅立って行きました。
癌だったけどお骨は真っ白で綺麗でした。

楽しかったよ。ありがとう。みぃたん。